アコムのカードローンをブライダルローンとして利用するには?

楽天銀行では目的型ローンブライダルというブライダルローンを提供していて固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円となっていて月々の返済額は1万円からOKなので、無理のない返済を実現しています。

楽天銀行から借入をする際に気を付けたいことは楽天銀行の融資額は1人あたりMAX500万円までと決まっていることです。

ブライダルローンではあと200万円までしか借りられないのです。

申込には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になり融資実行後は領収書等、支払が確認できる書類を提出しなければいけません。

アコムでブライダルローンを申し込む時に必須となる必要書類は一般のカードローンと一緒で、本人確認書類、収入証明書などになります。

又、勤続年数や雇用形態を融資条件にあげているところも多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

ブライダルローンは目的別ローンといって、使途が限られているローンなので結婚式場などの請求書や見積書も必要です。

既に支払い済みの場合はローンの対象外になることがあります。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場や旅行会社などの領収書や振込控えなどはコピーを取り融資を受けた金融機関に提出しなければいけません。

ブライダルローン組む際に1番ポイントとなるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴だといくらぐらいが相場なのでしょうか?全国的に一番多い価格帯は300から350万円ほどで全体の15.1%となっており第2位は400万円から500万円、第3位は350万円から400万円となっています。

平均相場は調査した専門誌などによってばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲が相場のようです。

結婚にかかる費用というのは挙式や披露宴以外にもあり新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更に「できちゃった婚」の場合には出産費用や新生児用品の購入費も必要となってきますのでプラス20から30万円を見積もってローンを組む必要があります。

アコムにはブライダルローンという商品はありませんが結婚費用にも利用可能なアコム多目的ローンが用意されています。

返済期間は最長で7年、融資金額は最大300万円までとなっており、多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が、前年度の税込年収の50%以内であることが条件となっており条件をクリアできないと融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、さらに低金利である変動金利にすることもできます。

さらに年0.1%の金利引き下げサービスが受けられます。

申込対象者は借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上必要で、前年度税込年収が200万円以上となっています。

ローンを考えている人で、キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

融資先に消費者金融を検討している人は総量規制が適用されますから年収の半分を超える借り入れはできません。

事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行の場合でも、1人当たりの貸付総額というものが設定されている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていることから、楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないことになります。

アコムは最大融資額は300万円ですが、アコムで無担保ローンを利用している人はブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

ブライダルローンは各金融機関にて提供されていますがどのようなポイントに着目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは利用目的が限られているローンなのですが資金の使途に関する制限は各種金融機関によっても異なることがありますので注意が必要です。

楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスの場合は挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用にも利用できます。

ですから、ブライダルローンの選び方で大切なことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで容認されているかということになります。

金利が低く借入限度額が大きいに超したことはないのですが毎月の返済額や最長返済期間なども考慮して無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンは低金利なのがメリットの1つですがキャッシングであることは変わらないので、返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々の返済はというと、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息が優先して返済されることになります。

そして範囲内に残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますのでなるべくなら返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンをアコムで借り入れた借金が御祝儀で賄えるようであれば少し無理をしてでも一括返済してしまった方が無駄に利息を支払わずに済みます。

ご祝儀総額が一括返済に足りないときは返済シミュレーションをしっかりし、着実に返済していきましょう。

結婚にかかるお金というと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪など数百万円単位の大金が必要になります。

結婚資金はそれ以外にも新婚旅行や新居の入居費用も必要ですからそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから一般のカードローンと比べて審査のハードルはかなり高いことを覚悟しましょう。

審査の重要なポイントは借主に返済能力があるかです。

本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人を立てることを条件とされる場合もあります。

ブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のようにブライダル専門のローンを用意している銀行もありますが多くの銀行では目的別ローンなどで対応していることが一般的です。

一方で消費者金融が提供するブライダルローンもありますが式場と提携しているケースが多く、指定の式場で式をあげることが融資の条件となっていたりします。こういったことや審査に不安がある、すぐに借り入れたいという場合にはアコムなどのローンを借りるというのも一つの手です。

引用:http://www.man-find.com/acom/

銀行のブライダルローンの金利の相場は5%から7%ですが式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面では銀行のブライダルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額500万円と銀行よりも高額ですし、クレジット対応なので口コミ評価は上々です。

ブライダルローンとカードローンはお金を借りると言う意味では同じなのですが二つには大きな違いがいくつもあります。

ブライダルローンは主に銀行などが提供している目的別ローンですがカードローンとは銀行や消費者金融などが提供するフリーローンになります。

貸出金利についても大きく異なり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。

申込手続きや審査を比較すると、ブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的簡単な審査と言われており、即日融資も可能というサービスも珍しくありません。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と大きいですがカードローンは実績を積まなければ高額融資が受けられず、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられません。

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱う信販会社などが提供しています。

通常のカードローンよりも金利が低くというメリットがありますが、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関わる資金には、結婚指輪や結婚式のほかにも新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、ブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!ブライダルローンも基本的にはカードローンと同じですから審査に通らなければ借り入れることはできません。

ブライダルローンは低金利で高額の融資になりますからカードローンよりも厳しい審査となります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴として年収が200万円以下であったり、勤続年数が1年未満、非正規雇用などと言う場合が多いです。

これまでに滞納履歴や債務整理があったり複数から借り入れがある人は要注意です。

クレジットカード未所有の人は当然滞納歴も無いので安心だと思いがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

ブライダルローンは結婚費用に限定された目的別ローンなので結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

使い道が限られている目的別ローンとなっておりリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行費や、新居の引っ越し代・礼金敷金、家具家電の購入費用などが認められています。

カードローンのフリーローンとどの点が違うのかというと使い道を証明する書類を必要になることです。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後には領収書や振込控えなどが必要になることもあります。

ブライダルローンをアコムで借りる際に返済方法で悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにして返済プランを組んではいけません。

具体的に計算してみると、1人あたり3万円のご祝儀を包んでくれたと仮定し招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

しかし、何とか頑張って100人を招待することができればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人は45%だそうで残りの55%は一括返済できなかったということですので、あてにするのはやめましょう。

ブライダルローンは結婚に関する費用にしか使えないという制限がありますが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

新居を購入する場合大半のお方は住宅ローンを組むと思いますが頭金があれば金利が優遇されるなどメリットがあります。

通常、住宅ローンの頭金は多く用意できるほうが良いとされていて物件価格の2割から3割用意しておくのが理想的と言われています。

例えば、2000万円の物件を購入する場合には、頭金は400万円から600万円ということですのでぱっと用意できる金額ではありませんね。

そこでブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金の一部に回せば低金利でブライダルローンも住宅ローンも組むことができるのです。