犬の年齢は、人間よりも早い事は誰でも知っているでしょう。しかし、どのくらいの差があるのかと言う事は、知らないのではにでしょうか。これについては、おおよそ5倍程度であると言います。もちろん、人間でも年齢に似合わす若い人、老けている人がいますよね。(苦笑ですから、これと同じように犬でも個体差があると言えます。言い換えると、同じ年月を生きていても衰え方は同じではないと言うことですね。また、犬の場合は、種類によって平均寿命が異なっています。散歩さえも出たがらなくなる犬さえいます。そんな犬は、トイレがちょっと大変になりますよね。犬自身は、トイレをしつけされていれば、それを守ろうとします。しかし、体が思うように動かないのです。(汗)人間と同じようなものですね。そのように考えてください。(涙)老人ホームなどでは、紙おむつを付けた老人がいます。みんなトイレの事は理解していると思いますが、漏らしてしまうこともあります。(汗)それは自分の習性となっているからです。(汗)これは体の中にしみこんでいると言えます。(汗)まだ老犬と言うには、若い犬の場合は、病気の可能性がありますよ。(笑顔)当然のことですが、犬の気持ちは、人間にはわかりません。それでも外から見た様子で分かる事もあります。長年飼ってきたペットだからこそ分かる事があります。そう信じましょう。(笑顔)ですから、その点では、異常を見つけやすいと思いますよ。

関連ページ